スペシャリティコーヒーの魅力

スポンサードリンク

土曜日, 9月 23, 2006

チルドカップコーヒーが人気

【出典:】

チルド(低温)カップコーヒーの売れ行きが好調だ。
エスプレッソに牛乳を加えた「カフェ・ラテ」が人気を集め、市場規模は五年で倍に拡大。森永乳業が神戸市灘区で稼働させた新工場で新商品を生産するほか、ネスレ日本(神戸市)やUCC上島珈琲(同)といった地元大手も特徴ある商品を発売し、成長市場に熱い視線を送っている。


 チルドカップは低温を保って流通させるため、新鮮な風味を楽しめるのが特長。市場規模は年々膨らみ、二〇〇五年は四百七十五億円で、〇九年には一千億円を見込む。
 ブームを盛り上げたのはサントリー。米スターバックス社と共同開発した新規参入商品「スターバックス ディスカバリーズ」(二百ミリリットル)を昨秋、首都圏で投入した。これが予想を上回るヒットとなった。
 「スタバの店で飲むような新鮮な風味が支持された」とサントリー。生産ラインを増強し、〇六年は約七十億円の売り上げを見込む。「兵庫など関西でも販売も検討している」という。
 サントリーを迎え撃つのは先発の森永乳業。一九九三年に手掛け、今も「マウントレーニア」(二百四十ミリリットル)シリーズでシェア50%を握る。
 五月に稼働した神戸工場は西日本の需要増に対応。十月には独自製法を採用し、濃厚さを際立たせた新商品を神戸工場で作り、順次、全国で発売する。マウント-の〇五年度売上高は前期比11%増の二百三十九億円で〇六年度も10%増を見込む。
 一方、地元組も販路拡大に懸命だ。ネスレ日本は季節ごとに特徴を出した期間限定商品を投入しているが、八月末には秋シリーズの「季節の深煎(い)りカフェオレ」(二百ミリリットル)を発売。「焙煎(ばいせん)豆を使い味に厚みを出した」。UCCは「ラテプレッソグロッソ」(三百ミリリットル)を販売。「店頭で人気のトールサイズと同じ量を楽しんでもらえれば」としている。
---
僕も、コンビニでよく買います。お気に入りは、Mt.Rainier(森永乳業)の「カフェラッテ(ノンシュガー)」

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home