スペシャリティコーヒーの魅力

スポンサードリンク

土曜日, 9月 23, 2006

コーヒー飲んで健康に=さまざまな病気を予防?コーヒー科学協会

【出典:livedoorニュース
コーヒーには心臓や胃に悪い、がんの原因になるなど、一般的に悪いイメージがあるが、当地で開かれた国際コーヒー科学協会の会議で、実際はそうではなく、パーキンソン病や糖尿病などの病気にかかりにくくなる効果があることなどが報告された。

コーヒーと健康の関係を専門に研究しているフランス人専門家は、長い間、研究は主にコーヒーに含まれるカフェインだけを対象としたもので、極めて複雑な成分からなるコーヒーの研究としては単純すぎたと指摘し、コーヒーには、DNAに損傷を与える、いわゆるフリーラジカル(遊離基)を捕らえる働きをもち、細胞の損傷を防ぐ強力な抗酸化剤でもあるクロロゲン酸やメラノイドが含まれていると語った。

またイタリアの研究家は、コーヒーは肝硬変にかかる危険性を最高で80%まで少なくすると述べ、ストックホルムの専門家は、コーヒーを飲むことによってパーキンソン病が予防できるという疫学的証明があると報告した。

ヘルシンキ大学の糖尿病専門家は、食事習慣や運動不足が関係する2型糖尿病にかかる危険性は、毎日5、6杯のコーヒーを飲むことによって半減すると語った。さらに、ウィーン医科大学の専門家は、コーヒーは特にがんなどの一連の重大な病気の原因となるDNAの酸化の防止に、果物や野菜よりも一層効果があると指摘した。
---
僕も、コーヒーを一日5杯くらい飲みます。飲みすぎはどうかとは思っていましたが、効能も捨てがたい。。??;

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home